Looopでんきとは

東京電力ですぐにブレーカーが落ちて停電!私んちの原因と解決法

私は東京電力を使っている新米主婦です。
先月結婚して、主人と2人で1DKのアパートで暮らし始めましたが…よくブレーカーが落ちて停電してしまいます。

東京電力は停電しやすいのかなと思いましたが、新米主婦の為、電気の事、電気料金のことをほとんど理解していなかったので、私の失敗が原因でした。

少しでも我が家のようによくブレーカーが落ちて停電しやすいご家庭の方の参考になればいいなと思い、私が調べた解決方法をご紹介します。

東京電力でブレーカー落ちて停電した原因

 

ワット数を使いすぎてブレーカーが落ちた私の失敗

●エアコンを2台つけたまま、ご飯を炊飯器で炊いていました。その時にドライヤーを使ったら、ブレーカーが落ちてしまいました。

●エアコン2台をつけたまま、食洗機で食器を洗っていました。その時にレンジを使ったら、ブレーカーが落ちてしまいました。

●エアコン2台をつけたまま、食洗機で食器を洗い、炊飯器でご飯を炊いていました。その時に他の部屋の電気をつけた瞬間、ブレーカーが落ちてしまいました。

●食洗機で食器を洗っている際、炊飯器でご飯を炊いていました。そんな中、オーブンで鶏モモ肉の香草焼きを作ろうと焼き始めた途端に、ブレーカーが落ちてしまいました。

 

新婚当初はエアコンを2台つけた状態でブレーカーが落ちてしまう事が多かったので、食洗機や炊飯器を使う場合はエアコンの電源を2台とも切った状態にしないといけないと学びました。

なので、エアコンの電源を切り、食洗機と炊飯器を使っていたのですが…同時にオーブンを使うとやっぱりブレーカーが落ちてしまったので、また失敗が一つ増えました(^^;;

我が家の失敗で分かることは、明らかに電化製品を一度に使ったことによる、電気の使い過ぎです( ;∀;)

ブレーカーが落ちて停電した時の解決策は?

アンペアブレーカーが設置されている場合

電気製品を一度にたくさん使うと、契約アンペア数を超えてしまい、ブレーカーが切れたりしてしまいます。

アンペアブレーカーが落ちたときに使用していた電気器具・家電のうち、冷蔵庫や常時使っているもの以外のものはスイッチを切ってください。
次にアンペアブレーカーのスイッチを「入」にしてください。

アンペアブレーカーは契約アンペア数を超えたことが原因で、一時的に落ちたものなので、適切な電気使用量の場合は再びブレーカーが落ちることはありません。

以下東京電力より抜粋。

停電は、漏電や電気の使い過ぎ、雷によるショックなどで漏電遮断器が切れることもあります。

なお、アンペアブレーカーや漏電遮断器が切れていないにもかかわらず、電気がつかないなどお困りのときは、お近くの 東京電力パワーグリッド へ連絡してください。

 

漏電遮断器が切れた時の確認方法は?

①アンペアブレーカーのつまみが「入」になっていることを確認する

②アンペアブレーカーのつまみが「入」になっていることを確認する

③漏電遮断器のつまみを「入」にしたあと、配線用遮断器のつまみを1つずつ「入」にする

④ 問題のある回路の配線用遮断器を入れたときに漏電遮断器が切れたらその回路に漏電の可能性がある

⑤すべての配線用遮断器を「切」にし、再び漏電遮断器のつまみを入れる

⑥ 問題のある回路以外の配線用遮断器を1つずつ「入」にする
(以上、東京電力より)

 

頻繁にアンペアブレーカーが落ちる時は?

①同時にたくさんの家電を使わない。

同時に使う家電を減らして、使用する電気使用量を抑えてください。
特に電気使用量が多いのが
オーブン
卓上IHクッキングヒーター
食器洗い洗浄機
炊飯器
ドラム式洗濯乾燥機(乾燥時)
ドライヤー
エアコン
などはアンペア数が高いので、これらのものを同時に使おうとするとブレーカーが落ちやすくなります。

また、使っていない家電も、コンセントが入っているだけで待機電力を使用しています。
待機電力の消費電力は少ないですが、ブレーカーが落ちやすい時は、無駄に待機電力を使っていないか一度チェックしてコンセントを抜いてみましょう。

私も食洗機や炊飯器、エアコンなどを同時に使う事が多かったので、今では同時ではなく、食洗機と炊飯器をずらしたり、炊飯している際はドライヤーを使わないようにしたりと消費電力を考えて使うようになりました。

② 契約しているアンペア数を変更する。

なるべく電化製品を一度に使わないように気をつけていても、アンペアブレーカーや安全ブレーカーが落ちるという時があります。
その場合はご家族の人数や、部屋数、使用量にとって、契約アンペア数が合っていないのかもしれません。

現在、30アンペアを契約している方は40アンペアに変更されてみる事をオススメします。

一人暮らしではブレーカーがあまり落ちなかった方も、結婚や出産で家族が増えると、電気使用量が増えてしまいます。
更に子供が成長すると、子供部屋の電気やテレビゲームなど電力量が増えてしまうので、家族の人数や成長などの事情に合わせて契約アンペア数を見直したり変更することが大切です。

アンペア数の変更は基本的に無料です。ただ、季節や時期によってアンペアの容量を変更することは出来ません。
基本的にアンペア数を変更すると1年間はそのままのアンペア数になります。

ただ、契約アンペア数を増やした場合は、基本料金が高くなってしまう為、電気代が上がることも考えると注意が必要ですね。

③電力会社変更がオススメ!

ブレーカーが頻繁に落ちる方は契約アンペア数を変更した方がいい場合がありますが、電気代が高くなってしまいます。

そんな時に電力会社変更がオススメです。

例えば東京電力だと、

30アンペア  858.0円

40アンペア  1,144.0円

50アンペア  1,430.0円

このようにアンペア数が上がるごとに基本料金が増えていきます。

アンペア数を変更して増やした場合、電気代が必然的に高くなってしまいますね(^^;;

そんな時は、基本料金が0円の電力会社に変更してみてはいかがでしょうか?

電力会社を変更出来るの?とびっくりされる方も多いと思いますが、2016年から始まった電力自由化で電気小売店を変更することが可能に。

地域の電力会社の検針票を見ながら、是非一度シミュレーションされてみてください。月々の電気代が数百円?数千円安くなった方は是非変更されることをオススメします。

新電力のLooopでんきではアンペア数に関係なく、基本料金が0円なので、電気を使う量が多いご家庭ほどお得になるんです(*^^*)

1カ月500円でも安くなれば、1年で6000円もお得になります。

新電力の中には、携帯電話とセットで割引になったり、ポイントが貯まる会社など様々!

どの電力会社のプランが合っているか、色々な会社でシミュレーションされてみてもいいですね。

ただ、注意したいのは解約金が必要な場合も!

Looopでんきは解約金も0円なので、安心して契約出来ますが、他社では違約金や解約金が必要な場合もあります。

初めて電力会社変更を検討している方、少しでも電気代を安くしたい方、安心して変更出来る会社をお探しの方はLooopでんきがおすすめです。

基本料金が0円で、解約金も0円なので純粋に電気代が安くなることが分かりやすく、安心して契約出来る会社ではないでしょうか?
??ループ電気のシミュレーションはこちら

ブレーカーがよく落ちるようになった方は、電気を一度に沢山使わないようにしたり、契約アンペア数を見直してみてはいかがでしょうか?
また契約アンペア数を変更しようと思った方は、是非電力会社変更を検討されることもオススメします。

-Looopでんきとは

Copyright© Looopでんきの評判はウソ?本当? 節約主婦あきこが電力自由化で13000円のお得に成功!? , 2020 All Rights Reserved.