電気代の節約方法

コロナウイルスの自宅待機で電気代が上がる!節約主婦の節電7選!

コロナウイルスで3月から始まった休校。

外出自粛で子供と共にお家の中に居る方も多いのではないでしょうか?

我が家ももれなく休校で、普通の春休みとは訳が違う為、ほとんど家で過ごしました。

毎日のお昼ご飯、子供達が飽きたりしないように、子供が喧嘩ばかりにならず楽しめるようにと頑張っていらっしゃるお母さん方、本当にお疲れ様です(^^;;
そして、お家にいるとかかってくるのが電気代と食費。

お子さんのお昼やおやつを用意しなければいけない分、食費が高くなったり、お家でテレビやゲームをしたり、まだ寒い日は暖房をつけたりと、何かと日中の電気代もバカになりません。

コロナウイルスの感染者が増えている地域では休校が延長されています。

休校延長で働きたくても働けなかったり、コロナウイルスの影響で収入が減ったご家庭も…。

そんな不安な状況に、家計簿を見てため息が出ているあなたに朗報(^^♪

 

コロナウイルスの休校中にできる節電!電気料金を逆に削減!

コロナウイルスで休校中をチャンスに変えて、固定費の削減をしてみてはいかがでしょうか?

固定費は金額が変わらないから仕方ないと諦めている方も多く、食費などのやりくり費をなんとか減らそうとしている方もいらっしゃいますが…まずは毎月払うからこその固定費を少しでも減らすことが大切です。

光熱費や通信費、保険代も年々新しい企業やサービスが増え、切り替えるだけで数百円?数千円のお得に繋がります。たかが、数百円。されど数百円。

電気代が1年で5000円安くなった場合、3年で15000円。たかが数百円と思い、これからもこのお金を捨て続けますか?

私も子供が生まれてから生活が変わりました。

すぐには働けない、保育園の空きがないという状況で、どうしたらお金が貯まるのか、どうしたら節約に繋がるのか、日々考えて過ごしていました。

私と同じ様に、何をしたら節約になるのか分からないという方の為に、私が電気代の節約について調べた事、実践してきた事をご紹介したいと思います。
少しでも電気代の節約に繋がると嬉しいです。

 

コロナで節電① 今すぐ出来る!トイレの保温便座をOFFに!

トイレのウォシュレットや保温便座機能がついているご家庭も多いかと思います。

実は便座の保温機能は意外と電力消費しているのです。

低い温度に設定したり、こまめにフタを閉めて、保温効果を高めることでトイレの電気消費量を10%下げることが出来、節約にはなります。

しかし、1番節電効果があるのは保温便座機能をOFFにすることです。

最近は暖かい日も多いので、待機電力を使わない為にもこの際保温機能をOFFにしましょう!

もし、便座が冷たくヒヤッとする場合は、トイレの便座カバーをしたり、洗濯可能な貼り替えタイプの便座カバーを利用しましょう。

保温機能をOFFにしてもウォシュレットは問題なく使えますので、温め機能の部分だけでも節約されてみてください。

夏でも保温機能の電源を切らない家庭もありますので、最初は抵抗あるかもしれませんが、1番簡単に出来る方法なので是非試されてみてはいかがでしょうか?( ´∀`)

 

コロナで節電② テレビを見る時は番組や時間を決める!

コロナウイルスの影響で休校になり、家にいる事が多いご家庭ではテレビを見る時間がどうしても長くなっているかと思います。

我が家も通常の平日なら毎日1時間が子供達のテレビタイムと決めていましたが、休校になり、ダラダラと見ることも増えてしまいました。

しかし、このダラダラがテレビの電力消費量を増やすことに。

テレビの電力消費量は10%と言われています。

1カ月に1万円の電気代のご家庭だと、テレビにかかる電気代は1年で12000円程に(^^;;

特に見たい番組じゃなくても、ダラダラ見ることで、更に消費量が増えることになってしまいます。

なんとなくテレビをつけたり、音が欲しい、食事や家事をしながらテレビタイムというのはやめて、番組表で見たい番組を決めてからテレビを見る習慣に変えてみてはいかがでしょうか?

テレビは1日3時間まで。何と何と何を見る。

そうすることで、自宅待機中のメリハリにも繋がり、電気代節約にもなりますね(*^^*)
また、テレビは音量を大きくすることで消費電力が上がるので、なるべく小さい音量で見ることをおすすめします。

 

コロナで節電③ 白熱電球をLEDに変えることで電気代が安くなる!

以前からLED照明がお得!節電になる!と言われてましたが、購入する時に高い金額を払う為、まだまだ白熱電球を使っているご家庭も多いのではないでしょうか?

こまめに電気を消すだけでなく、使用する電気の種類が違うだけで、けっこうな電気代が違ってくるのです。

白熱電球はトイレ、洗面所、お風呂、階段で使われる事が多いです。この白熱電球は購入時は100円程度と安いですが、年間電気代がなんと2500円程かかっています。

その点、LED電球だと、購入時は2000円程しますが、年間電気代が500円程度となり、1年間で白熱電球の電気代の元が取れてしまうことになります。

これを5年使うだけで、電気代だけで9000円以上の差が生まれてくるのです( ;∀;)

5年後9000円で家族で美味しい外食に行けちゃいますよね!

なので、白熱電球を使っているご家庭はなるべく早くLED電球に交換されることをオススメします。

LED電球を使うことで、節電になるだけでなく、長持ちする為、交換する手間も減ります。

電球を交換する面倒な作業が減ると、ワンオペ育児の方にも嬉しいですね(*^^*)

 

コロナで節電④ 掃除機をかける時はスイッチを切らない!

外出自粛で自宅にいる時間が長いと、断捨離や掃除をするご家庭も多いかと思います。せっかくお家にらいるのだから、少しでもお家を綺麗にしたいですよね。

そんな時に欠かせないのが掃除機。
掃除機は意外と電力消費量が多く、10分使っただけでも、10円近く電気代がかかります。

私は掃除機をかけている最中に、椅子を動かしたり、床に落ちている子供のおもちゃを拾って片付けたりするのですが、毎回その度に掃除機のスイッチをオフにしていました。
オンオフを沢山繰り返しながら掃除機をかけていたのですが、掃除機の電力消費量はオンにした瞬間が1番多かったのです。
私は今まで電気のムダ使いをしていたことに(^^;;

掃除機をかける際は、スイッチをオンにしたままスムーズにかけれるように最初に片付けてから使うようにしましょう( ´∀`)
もし家具を移動させる際も、オフにはせずにそのまま使うことをおすすめします。

 

コロナで節電⑤ 電力消費が多い家電を10年以上前の物を使っている場合は買い替える

電力消費が多い家電は、1番に冷蔵庫、2番が照明器具、3番がテレビ、4番がエアコンです。

1番はエアコンだと思っていたので、冷蔵庫の消費電力の多さにはびっくりでした。

冷蔵庫は温度設定を弱にするだけでも電気消費量が減り、年間で1000円程安くなります。

是非、夏以外は冷蔵庫の温度を弱にしてください。

また、冷蔵庫は毎年各社から新商品が出ており、その度に省エネに関しても進化しています。

なので、10年前の冷蔵庫を使っている方は、買い替えをするだけで結果的に毎月数十円、数百円の節約に。

そして、購入する際に小さい冷蔵庫だと安いからと、小さい冷蔵庫を購入するご家庭も多いと思いますが…これは電気代節約に関しては絶対に考え直していただきたい部分です!

小さい冷蔵庫の電気代と大きい冷蔵庫の電気代を比べた場合…

※小さい冷蔵庫の電気代 年間10000円

※大きい冷蔵庫の電気代 年間7000円

冷蔵庫のサイズが大きくなれば大きくなる程、最新の省エネ技術で消費電力がかからなくなり、結果的に小さい冷蔵庫より大きい冷蔵庫の方が年間の電気代が安くなる事に。

小さい方が費用的にも購入しやすく、電気代もお得だろうなと思っていたので、私の考えとは逆だった事にビックリでした!

是非これから冷蔵庫の購入を検討されている方は、購入費が高くなっても大きめを選択されることをオススメします。

 

コロナで節電⑥ 節約は嘘だった!エアコンと扇風機の使い方。

よくエアコンと扇風機を同時に使っている方も多いですよね。

我が家も夏はエアコンと扇風機のダブル使いをしていました。

エアコンの温度を1度上げて、扇風機で風を送った方が涼しくなり、更に電気代もお得になると思っていたのです。

しかし、扇風機を併用しても節約にはなっていませんでした。

エアコンの温度1℃分の消費電力と扇風機の消費電力がほとんど同じなので、節電にはならないのです。

エアコンの電気代を節約したいなら、自動運転にすることが1番効果があります。

夜間のエアコン代を節約する為に、タイマーで消す方、夜は弱風や除湿にする方も多いのではないでしょうか?

エアコンはタイマーでこまめに消したり扇風機とダブル使いするよりも、自動運転でつけっぱなしにすることが1番の節約に繋がります(*^^*)

エアコンは電源をつけてから、設定温度にする時が1番消費電力が上がります。

一度のオンオフで150円程かかるとも言われているのです。

ですから、こまめにオンオフを繰り返すことで電気代が高くなってしまうということに。

 

コロナで節電⑦ 自宅待機中でも、電力自由化で簡単な節電対策!

コロナウイルスで自宅にいる時間が長い程、電力自由化を活かしてみてはいかがでしょうか?

この際、電力会社を変更するチャンスです!

電力会社変更?地域の電力会社じゃないと怖い!不安だわ!停電しないの?と、怖くて挑戦出来ない方もいらっしゃると思いますが…

電力自由化というのは安心して電気会社を選べる時代が来たということなのです!

電気自体は地域の電力会社のままなので、停電しやすくなったとか電気の質が落ちたなんてことは一切ありません。

新電力にも色々な会社がありますが、是非一度Looopでんきでもシミュレーションされてみてください。

シミュレーションしてみると、電気を使う量が多いご家庭程、地域の電力会社と比べて、新電力のLooopでんきが安くなることがお分かりいただけると思います。

1カ月500円、1年で6000円安くなれば電力会社を変更する価値があるのではないでしょうか?

5年で3万円も節約に繋がりますよ?

●基本料金が0円

●解約金も0円

●解約期間の縛りもなく、電気代自体が安くなるLooopでんき。

基本料金が0円だからこそ、地域の電力会社よりも純粋に料金が安くなり、解約金や縛りがないからこそ、電力会社切り替え初心者でも、変更しやすい会社なのです!

我が家は2年以上使っていますが、停電になった事もなく、不自由することもなく、地域の電力会社の時と同じように生活しています。

電力会社を変更すると聞くと、大規模な工事でもするのかな?と不安になりますが…不安や心配も一切要りません!

携帯電話の会社を変更するよりも、簡単で、あっという間に切り替わりますよ(*^^*)

手続き自体はスマホやパソコンで簡単な申し込みをするだけ!

地域の電力会社に解約の電話も必要ありません。

ただ今Looopでんきでは最大8020円のクオカードペイが貰えるお得なキャンペーン開催中!

私がLooopでんきに申し込みした当時は、申し込み時のキャンペーンは一切ありませんでした。なので、是非このお得な機会に検討されてみてください。

電力自由化で、初めて電力会社を切り替える方はどの会社がいいのか分からないと言う方も多いです。

初めての方は、契約期間や解約金など煩わしい縛りがある会社よりもLooopでんきのようなシンプルな料金プランで、確実に安くなり、その上で解約しやすいという会社がおすすめです。

初めにLooopでんきを契約し、半年後、他社の料金プランが安かったり、キャンペーンが魅力的であれば乗り換えることも簡単だからです。

毎月申し込みキャンペーンを開催している楽天でんきなどは、いつでも2000ポイント貰えます。

しかし、Looopでんきの申し込みキャンペーンは毎月開催しているわけではありませんので、まずはLooopでんきに契約して、数ヶ月使い、料金があまり安くならなかったりした場合は楽天でんきに乗り換える方法がお得だと思います。

この場合、2社の申し込み特典だけでもかなりのお得になりますよね(*^^*)

また、まちエネではPontaポイントが貯まったり、楽天でんきでは楽天ポイントが貰えたり、LooopでんきではAmazonギフト券に交換出来たりと、各社のポイント制度も魅力的になってきています。

節約主婦にとっては、普段払う電気代でポイントが貯められるということも嬉しく、楽しみの一つになるのではないでしょうか?

この1カ月、コロナウイルスの影響で、外出自粛や自宅待機になり憂鬱になったり、コロナ疲れしている方も多いと思います。

お家にいる時間が長いからこそ、固定費を見直し、電気代の節約にチャレンジしてみませんか?

ピンチはチャンスに!

せっかく始まった電力自由化を活用して、1年で5000円でもお得にしちゃいましょう(*^^*)

地域の電力会社のまま、普通に生活するなんて勿体ないです。

是非一度Looopでんきでシミュレーションされてみてください。電気をこまめに消すよりも簡単に節約に繋がります。

コロナウイルスの外出自粛をきっかけに、楽しく節約しちゃいましょう(^^♪

-電気代の節約方法

Copyright© Looopでんきの評判はウソ?本当? 節約主婦あきこが電力自由化で13000円のお得に成功!? , 2020 All Rights Reserved.